【完成度の問題】自分で納得できるまでやり直す子と、とりあえずやってしまう子の差は大きい

今週の中2数学の毎日課題は

 

図形の定理の暗唱

 

結構量が多いので

 

音読でもオッケーにしてる

 

 

 

9つの定理を暗唱または音読し

 

録音したら音声データをLINEで提出

 

1週間同じ文章

 

暗唱する場合は1巡でオッケー

 

音読の場合は3巡音読する

 

 

 

時間にして長くて2分

 

 

 

でもねー

 

こんな小さなことにでも

 

子供によって差が出るんだよねー

 

 

 

 

今の毎日課題の目標は

 

毎日コツコツと何かに取り組む

 

ってことをテーマにしてるから

 

やり方とか取り組み方は

 

ちょっと目をつぶってるんだけど

 

 

 

ほんとはさー

 

せっかく暗唱するんだから

 

定理を間違えずに完璧に覚える

 

ってレベルを目指してほしいってのが

 

本音なわけよ

 

 

 

 

でもねー

 

送られてくる音声データを

 

毎日聞くんだけど

 

間違ったまま送ってくる

 

って子供が何人かいるんだよね

 

 

 

 

毎日提出するって目標は達成できてるけど

 

自分が何て言ってるかまではチェックしてない

 

 

 

 

なんだかこの辺に

 

勉強への取り組み姿勢というか

 

勉強への優先順位の差

 

がある気がする

 

 

 

 

何人かは

 

完璧な音声データを送ってくる

 

きっとこの子達は

 

間違えたらやり直す

 

ってクセがついてるんだと思う

 

 

 

 

間違えたデータを送ってくる子は

 

課題を提出する

 

ってことにしかまだ意識がいってない

 

 

 

 

この差は

 

そのうち学力の差になるんだろうなぁ

 

って考えると

 

 

 

 

一歩一歩だけど

 

日課題の中で

 

コツコツと成長していくしかないんだよね

 

 

 

それでもさ

 

ちょっとずつでいいよ

 

何もしてない子よりは

 

確実に前に進んでるから!

 

 

 

岡村塾にいなかったら

 

毎日音声データをLINEで誰かに送る

 

なんていてないんだから笑

 

 

 

 

その一歩一歩が

 

いつか大きな山を越える力になる

 

 

 

成長を待つ我慢を

 

いくらでもする覚悟

 

 

 

それが岡村塾の覚悟かもしれないねー