【先まで見据えた進路選択】高校受験はゴールじゃないって親が思えないと見誤るよ






高校受験ね


これってゴールではない









今年の中3には何度も言ってきた










大学受験は考えてなくて


専門学校とか就職を考えてるなら別だけど









大学受験を考えてるなら


高校受験なんて


ただの通過点に過ぎないって













岡村塾では


自分の成績ギリギリで


入れる高校をおすすめしない











高校はゴールじゃなく


ただの通過点だと思ってるから













もちろん


大学受験を考えたらさ


できるだけ高いレベルの環境で


勉強した方がいいってことも理解してる












でもね











入学した高校でトップを目指せるか


最低でも50位くらいでないとダメ








入学した時に


学年全体の下位20%にいるようなら


かなりの高確率で


高校で伸び悩むことになる









できるだけそれは避けたい








その思いで進路指導をしてる













あとね


成績ギリギリの上位高校に


なんとか合格したとするでしょ











そうするとね


満足感なのか


達成感なのか


何か知らないけど


そこで一息つくんだよね


子どもも


そして


親までも











すごい!!!

合格できた!!!

やったーーーー!!!

終わりーーーー!!!








って













ん?


何が終わったの?


大学受験はまだ先なのに


もう勉強しないんですか?












僕はいつもそう思う











何も終わってないのに


何でやめてるんだろ?


せっかく身につきかけた学習習慣を


高校受験ごときで手放す


ただの暴挙でしかない


ってね









百歩譲って


子どもにとってはさ


初めての受験で


掴み取った高校合格は


嬉しいだろうから


やっと終わった!


って感覚になるのも多少は許す










でもさ


親は分かってるよね?


大学受験を目指すなら


高校受験がゴールじゃないってこと











もし自分が大卒なら


余計に分かるはず









大学受験の方が


高校受験なんかより


勉強量も勉強内容も数倍大変


ってこと









そして


その大学選択が


子どもの将来に


どれだけ影響するかも











なのに


高校受験が終わったから


ちょっとゆっくりさせたい









とか言い出しかねない










成績ギリギリの高校に合格すると


このパターンになることが多いから


だからギリギリはおすすめしてない









入学した高校で


どのポジションで


どれだけ勉強して


どのレベルの大学を目指すのか?








高校選択はゴールじゃないから








先を見据えた進路選択と


高校入学後から


大学受験までのイメージを


しっかりと描く









これが


親のできること




そして




子どもにはできないこと











高校受験は通過点





そこを見誤らないでーー







お問い合わせや体験授業のお申込みなどは
ホームページからどうぞー↓↓↓↓↓↓




応援よろしくお願いします↓↓↓↓↓↓
ポチッとしてもらえると頑張れます↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

今日のブログ更新 | ブロトピ | ブログサークル
PVアクセスランキング にほんブログ村