【勉強体力】小学生くらいから身につけないと痛い目にあう


こちらから見てるとね

中学生たちの中にね

あー勉強をできないな

って思える生徒がいるんだよ




勉強ができない

じゃないよ

勉強をできない

だから






勉強ができるとかできないとかは

テストの点数を見りゃ判断できるもの





勉強をできるかできないか

とはちょっと違う






そもそもの

勉強体力がない

ってことね





まず

集中力が皆無





すぐに周りをキョロキョロ見たり

カバンをゴソゴソするばかりで

まぁ目の前のテキストに集中できない





あとは

長時間机に向かってられない




勉強時間そのものを確保できないんだから

そりゃいい点数なんて取れない






最後に

完成度の低さ






何をするにも

適当にしか終わらない

完璧に覚える

って習性がないからなのか

そんな経験がないからなのか




とにかく

完璧に覚えるってレベルにしない

できない、の方があってるかな





何にせよ

勉強ができるようになりたけりゃ

勉強体力そのものを

鍛えてからでないと話にならないんだけど

そんなものには意識がいかず

楽に勉強できる方法を探してみたり

勉強のやり方が間違ってるのか?

とか言い出したりする




いやいや

勉強の仕方とかの前に

勉強時間そのものが足りないよ





勉強時間そのものを増やすための

集中力が足りないよ





先にそっちだから




この勉強体力

小学生のうちに身につけておくべき

中学生になってからだと

間違いなく苦労するから





ん?

どうやって鍛えるか?





毎日短時間でいいから

机に向かうこと




それが一番簡単な訓練




簡単って言ってもねー

それができる子

それをさせられる親

少ないんだよね




子供の将来を考えるなら

毎日机に向かう



これからはじめてみたらいい



なかなか難しいから笑





応援よろしくお願いします↓↓↓↓↓↓
ポチッとしてもらえると頑張れます↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

今日のブログ更新 | ブロトピ | ブログサークル
PVアクセスランキング にほんブログ村



岡村塾のホームページはこちら↓↓↓↓↓↓