【語彙の少なさが与える影響】言葉を知らないってことはその子の人生に大きな影響を与えることになる

先日ある方から

 

近くの小学校での話を聞いた

 

近いといってもうちの塾の校区外だけどね

 

なかなか凄まじい話でねー

 

 

 

その小学校で子供同志が

 

話してる内容が耳に入ったらしいんだけど

 

聞こえてくる言葉にビックリしたらしい

 

 

 

 

うざ!

 

やば!

 

だる!

 

しね!

 

 

だけで会話してたらしいんだ

 

 

 

 

 

しばらく聞いてたみたいなんだけど

 

その後も

 

 

 

 

えー、やば!

 

まじ?!

 

だる!

 

しね!

 

 

 

だったんだって笑

 

 

 

 

その方いわく

 

あの子達が

このまま大人になるって思うと

ゾッとする

 

って

 

 

 

 

本当にそうだよねー

 

 

 

 

会話にでてくるワードの少なさ

 

使われているワードの質の悪さ

 

それでも何となく会話が成立する環境

 

 

 

 

そんな中に子供がずっといたら

 

さぁお勉強しましょう!なんて

 

環境からはほど遠いのかも

 

 

 

 

語彙の少なさは

 

日常の会話レベルに左右される

 

 

 

語彙が少ないと

 

日本語への理解度にも悪影響が出る

 

知らない言葉は存在しないのと同じだからね

 

 

 

 

子供たちが習うあらゆる科目は

 

日本語で説明されるんだから

 

知らない言葉で説明されても

 

そりゃ理解なんてできないよね

 

 

 

語彙が少なく

 

日本語がちゃんと理解できないってことは

 

即、学力の差になってあらわれる

 

 

 

 

だから

 

語彙力ってほんとに大事なんだよ

 

 

 

 

じゃ

 

どうしたら語彙力が身につくか

 

 

 

 

 

語彙力の本、とか買ってもいいけど

 

そんなことより

 

もっと簡単で毎日できることがあるよ

 

 

 

 

それは

 

家庭での会話を増やすこと

 

話題はなんでもいい

 

なんでもいいから

 

あーでもない、こーでもないって

 

会話する環境が家庭にあるってのは

 

本当に強い

 

 

 

岡村塾でも

 

三語短文

 

っていう

 

毎日新しい学習用語に触れる取り組みを

 

スタートさせる予定

 

 

 

 

その説明会へ

 

思ったよりも多くの参加希望をいただいてる

 

 

 

岡村塾に通ってたから

 

語彙力つきましたーー!

 

なんて言ってくれると嬉しいよね

 

 

来週がその説明会

 

塾生でまだお申込みされてない方は

 

僕までLINEください

 

 

 

 

当日参加できない方も

 

連絡くださった方には

 

説明会当日の録画動画をお送りします

 

 

 

 

外部の方で岡村塾に興味がある方は

 

こちらからご連絡下さい

 

ホームページはこちら

↓↓↓↓↓↓