【自ら文章を紡ぎ出す力】京都大学の入試問題を見て改めて痛感した




今年度の京都大学の入試問題


国語の問題を見てて


改めて痛感した










その問題がこれね








⭐︎元の文章は著作権の関係から載せないので
興味のある方はこちらからどうぞ













これを見て


何て思いました?













そうなんです









問題が全部











説明せよ












なんです
















さすがは京都大学







文章の理解力だけではなく


自分の言葉で表現する力


が試される
















京都大学


アドミッションポリシーで






対話を根幹とした自学自習




を掲げでいるからね

















これを見ててね






改めて痛感したんです














土台となる語彙力を


鍛えることの重要性を















だからやっぱり


三語短文は必須












3つの学習用語を使って



何もないところから



まさしく



ゼロから文章を紡ぎ出す力













その訓練を


毎日コツコツ










そりゃ力がつくはずでしょ?











これは国語だけに


限った話じゃない










英語も数学も


どんな科目の教科書も問題集も


当たり前だけど


全部日本語だよ










日本語力の根幹である語彙力











これがないと


勉強できるはずがないよね?











だから語彙力



だから三語短文



そして毎日365日











何の科目を習うとか


関係ないから


岡村塾では


4月からは生徒全員が取り組む










そして


1年後には1095語


3年後には3285語


を使いこなす生たち











想像だけど


たぶんすごいことになるはず











楽しみだねー🎶










お問い合わせや体験授業のお申込みなどは
ホームページからどうぞー↓↓↓↓↓↓




応援よろしくお願いします↓↓↓↓↓↓
ポチッとしてもらえると頑張れます↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(塾)へ にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾)へ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

今日のブログ更新 | ブロトピ | ブログサークル
PVアクセスランキング にほんブログ村