【分量は同じ】今逃げてもあとで結局やるんだから。

勉強が苦手な子ほど

 

今やらないといけないことから逃げる

 

目の前にある嫌なことから目を背ける

 

いざとなって慌ててもしんどいだけなのにね

 

 

 

 

 

簡単な理屈だと思うんだよね

 

行きたい高校があって

 

それに必要な学力が分かってて

 

でも、やらない、やらせない

 

逃げることを許してしまう

 

生徒自身も、親もね

 

 

 

 

 

必要な勉強の分量は同じ

 

もちろん

 

人によって処理する力は違うから

 

同じ分量でも必要な時間は変わる

 

 

 

 

それでもやっぱり

 

分量は同じだから

 

今逃げても

 

やらない分は残ったままになる

 

 

 

 

そして

 

いつか目の前に

 

ドドドドーーーンと

 

富士山より高そうな

 

残った膨大な量が現れ

 

 

 

こんな量は無理

 

 

 

って思うんだよね

 

 

 

 

そして結局は敵前逃亡

 

 

 

 

その後に待ってるのは

 

自分の選択肢を

 

少なくしなければいけない

 

そんな事実との対面

 

 

 

 

 

与えられた時間は変わらない

 

逃げた分だけ時間は過ぎていく

 

比例して残された分量は増えていく

 

 

 

 

 

親はそれを知ってるから

 

子供を見ていて

 

焦るんだよね

 

うちの子、大丈夫かな

 

って

 

 

 

 

でもね

 

 

 

この簡単な理屈を

 

子供は分からないことが多い

 

 

 

 

 

ん?

 

そんなことある?

 

 

 

 

 

って思った?

 

 

 

 

 

 

よく考えてね

 

 

 

 

 

 

だってね

 

 

 

 

 

 

子供はね

 

時間が過ぎていく怖さを

 

経験したことがまだない

 

んだから

 

 

 

 

 

例えば

 

 

志望校選択の時に

 

行きたかった高校を受験できないよって言われたときの悔しい気持ちや

 

 

 

高校に行ってから

 

もっと勉強しておけばよかったと思うことや

 

 

 

大学受験を目の前にして

 

中学のときにもう少し勉強していれば違う自分だったかもと思うことや

 

 

 

大学生になって

 

もっと上の大学に行けてたら人生違ったのかもと思う気持ちや

 

 

 

就職して

 

学歴ってやっぱり必要なことが多いんだなって感じることも

 

 

 

 

こんなこと全部

 

子供たちはまだ経験してないんだ

 

 

 

親は知ってる、悔しさとか悲しさとか

 

を子供はまだ知らないんだ

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

今やらないと後悔するよ!

 

あとでしんどくなるよ!

 

とかを

 

いくら言葉で伝えても

 

うまくいかない

 

 

 

 

 

 

 

 

うちの塾でも色々と話すけど

 

体験したことのないものは

 

なかなか伝わらない

 

 

 

 

 

 

これが現実だと思うし

 

仕方のないことだと思ってる

 

 

 

 

 

 

 

だからもうね

 

理屈なんか後回しにして

まずは勉強の時間と量を確保

 

これが大事じゃないかな?

 

 

 

 

 

家で勉強する

 

ちゃんとできるならそれでもいい

 

 

 

 

親がちゃんと管理して

 

勉強時間を確保できるのならね

 

 

 

 

でもそれって

 

難しいことが多いよね?

 

 

 

 

 

 

だったら

 

塾での滞在時間を増やすしかない

 

と思ってる

 

 

 

 

 

もちろん

 

お家でも勉強できます!

 

という子供もいるよ

 

自己管理がちゃんとできる子

 

 

 

 

それでも

 

塾での勉強時間とは質がちがう

 

 

 

 

生活空間である家とは違って

 

塾は本当に

 

勉強しかない空間だから

 

 

 

 

我が子を何とかしたいって

 

思ってる保護者の方

 

 

 

 

 

塾は休ませない、サボらせない

 

そこだけは何が何でも譲らない

 

 

 

 

 

理屈は置いといて

 

子供の将来がかかってる!

 

と思って

 

心を鬼にして!

 

それだけはまず

 

親の力、全開!

 

ってやって欲しい

 

 

 

 

 

 

 

困りごとや相談はいつでも聞きますよ!

 

親だって大変なんだ!って知ってますから!

 

力を合わせて前に進みましょう!

 

 

 

 

岡村塾はそんな思いで日々動いてる

 

 

 

 

 

 

 

 

ホームページはこちら

↓↓↓↓↓↓