【濃くてはっきりした字】書いた字から自信が溢れ出す

勉強ができる子たちは

 

濃くてはっきりした字でノートを書く

 

うまいとかヘタとかではなく

 

クッキリ!ハッキリ!してる

 

なんだか字から「自信」が溢れてるんだよねー

 

 

 

逆に勉強が苦手な子は

 

小さくて、薄くて、頼りない字になってる

 

「僕の、この範囲、自信ないです。。」と

 

字から心の声が聞こえてきそう

 

 

気になって調べてみると

 

どうやら字を濃く書くことは

 

記憶、認知と関連があるらしい

 

 

 

今、絶賛テスト期間中なので

 

自習している生徒の手元をよく観察しているが

 

書いている字を見ているだけで

 

その学習内容の理解度が垣間見える

 

 

字を書くということは

 

知識として定着しているかのバロメーターになる

 

正しく記憶できているか?

 

理解度はどれくらいなのか?

 

字としてアウトプットすることで確認している感じ

 

 

単語や語句の覚え方には

 

人それぞれやり方はあるとは思うけど

 

テストなんてものは最後は結局文字を書く!

 

だったら書けるかどうかの確認と

 

自信を持って書けるかどうかは重要だと思う

 

 

 

テスト前だけじゃなく

 

クッキリ!ハッキリ!

 

普段から自信を持って書けるか!?

 

 

そんな意識が意外と大切だったりする